採択

米国

OracleとChainlinkとの共同イノベーションプロジェクト

開始
2020年9月
発表予定
2019年10月
カナダ

Uranium One向け商品取引

開始
2019年8月
発表予定
2020年3月
米国

世界的な金融サービス会社への支払い

開始
2019年10月
発表予定
2020年2四半期
グローバル

大手テクノロジーサービス会社向けのデジタルID

開始
2019年11月
発表予定
2020年2四半期
カナダ

ヨーク大学との共同研究プロジェクト

開始
2018年12月
発表予定
2019年2月

なぜXNSを選ぶのか?

  • 拡張性(TPS)

    さまざまな程度の負荷に耐える能力:負荷が増加すると拡張性も増加し、負荷が減少すると拡張性も減少

  • 多国間取引

    特定の行動を開始するには、異なる(複数の)当事者の同意が必要になります

  • ダイナミックコンセンサス

    ビジネスロジックに基づきコンセンサスのメカニズムを変更可能

  • ハイブリッドネットワーク

    (許可された)プライベートと(許可なしの)パブリック設定の組み合わせ

  • アドバンス契約

    カスタム契約、修正可能な契約

  • すべて表示する
  • Insolar
  • 19,500
  • > 500
  • Ethereum
  • 20
  • 2
  • NEO
  • 4,000
  • > 2
  • EOS.IO
  • 1,000
  • 2
  • Vechain
  • 50 - 10,000
  • 2
  • サイドチェーン

    ブロックチェーンのデジタル資産を他のブロックチェーンで安全に使用できるようにするためのメカニズム

  • 相互運用性

    DLTネットワークと既存システム間の統合

  • カスタマイズ可能なデータガバナンス

    データの構造とアクセスポリシー管理に加え、微調整機能

  • マルチゾーンのセキュリティ

    さまざまなセキュリティシステムとプロトコルを含むデータアクセスと措置権管理

  • データの規定

    データ保存とアクセスに関する規制(法的および法人的)要件のサポート

  • レガシーITシステム、他のブロックチェーンプラットフォーム
  • GDPR HIPAA EHR & EMR
拡張性(TPS)

さまざまな程度の負荷に耐える能力:負荷が増加すると拡張性も増加し、負荷が減少すると拡張性も減少

Insolar
19,500
Ethereum
20
NEO
4,000
EOS.IO
1,000
Vechain
50 - 10,000
多国間取引

特定の行動を開始するには、異なる(複数の)当事者の同意が必要になります

Insolar
> 500
Ethereum
2
NEO
> 2
EOS.IO
2
Vechain
2
ダイナミックコンセンサス

ビジネスロジックに基づきコンセンサスのメカニズムを変更可能

Insolar
Ethereum
NEO
EOS.IO
Vechain
ハイブリッドネットワーク

(許可された)プライベートと(許可なしの)パブリック設定の組み合わせ

Insolar
Ethereum
NEO
EOS.IO
Vechain
アドバンス契約

カスタム契約、修正可能な契約

Insolar
Ethereum
NEO
EOS.IO
Vechain
サイドチェーン

ブロックチェーンのデジタル資産を他のブロックチェーンで安全に使用できるようにするためのメカニズム

Insolar
Ethereum
NEO
EOS.IO
Vechain
相互運用性

DLTネットワークと既存システム間の統合

Insolar
レガシーITシステム、他のブロックチェーンプラットフォーム
Ethereum
NEO
EOS.IO
Vechain
カスタマイズ可能なデータガバナンス

データの構造とアクセスポリシー管理に加え、微調整機能

Insolar
Ethereum
NEO
EOS.IO
Vechain
マルチゾーンのセキュリティ

さまざまなセキュリティシステムとプロトコルを含むデータアクセスと措置権管理

Insolar
Ethereum
NEO
EOS.IO
Vechain
データの規定

データ保存とアクセスに関する規制(法的および法人的)要件のサポート

Insolar
GDPR HIPAA EHR & EMR
Ethereum
NEO
EOS.IO
Vechain

XNSはInsolar MainNetを使用します。

支払い

コインは、アプリケーション料金、リソース料金、および補助金を決済するために価値を移転するための交換媒体です

ステーキング

コインを担保として使用する事で価値が固定され、ネットワークのセキュリティが確保されます

ガバナンス

自立したエコシステムとしてネットワークの自律的な管理を可能にするメカニズムは、XNSにより強化されます

Insolar MainNetは最も拡張性の高いパブリックブロックチェーンにおいて行われます。

  • TPS
  • 19,500
  • 10,000
  • 4,000
  • 1,000
  • 20
  • 0
Insolar
Vechain
EOS.IO
NEO
Ethereum
1,000,000 + TPS

技術

CryptoMiso

ブロックチェーンプロジェクトの中でアクティブなディベロッパーとしてInsolarはNo.1を頂きました

DCS TheoremConsensus AlgorithmAssured Ledger を凌駕するInsolarの技術をもっと知りましょう。

無制限の拡張性

作業の分割、ノードの役割の割り当て、トランザクションごとのコンセンサスにより、無制限の計算、ストレージ、ネットワークトラフィックが処理できるように設計されています。

1分以内で無制限の拡張性について説明します

開発の簡素化

ハイブリッドシステムで設計されたInsolarはパブリックネットワーク、プライベートネットワーク、ハイブリッドネットワークの中から選択することができます。この柔軟性のおかげで、誰もが自分のニーズに最も適した構成とドメインの機能を選択することができます。

1分以内で開発の簡素化について説明します

ダイナミックコンセンサス

Insolarブロックチェーンプラットフォームを使用する事で、検証と最終的要件をトランザクションごとにビジネスロジック要素として定義することができます。これにより、データトランザクションの価値と関連するリスクを速度と検証コストとのバランスを合わせることができます。

1分以内でダイナミックコンセンサスについて説明します

オンチェーンデータのストレージ

多国間ネットワークにおいて信頼は不可欠であり、DLTネットワーク上ではその信頼性の元にすべての参加者が、自分に関連する文書やデータを見ることができます。

これによって業務の効率化を向上させ、プラスとなる信頼性をも提供します。

1分以内でオンチェーンデータのストレージについて説明します

相互運用性

メッセージ指向のサービスと設計は、既存のシステムとHyperledger Fabricなどの既存のエンタープライズ・ブロックチェーン・ソリューションとの互換性を可能にします。後に、InsolarはCordaとEthereumとの相互運用性をサポートします。

1分以内で相互運用性について説明します

アドバンスシャーデングと暗号化

散乱、分割キー暗号化、隔離に対する最適なデータ保護です。Insolarネットワークには、ネットワークを保護するためにランダムに生成する最高レベルのパルサーチェーンが含まれます。

1分以内でシャーディングと暗号化について説明します

チーム

チームメンバーの前キャリア:Google、McKinsey、Goldman Sachs、IBM、Acronis、Philips

Andrey Zhulin

最高経営責任者/創業者

LinkedIn

Dmitry Zhulin

最高財務責任者/創業者

LinkedIn

Peter Fedchenkov

最高営業責任者/創業者

LinkedIn

Wilfred Ruijsch

プロジェクト総括責任者

LinkedIn

Igor Marnat

VPエンジニア

LinkedIn

Kirill Ivkushkin

チーフアーキテクト

LinkedIn

Artem Serebrov

製品責任者

LinkedIn

Pavel Kirillov

技術革新部門責任者

LinkedIn

Danil Kabanov

アプリケーション開発責任者

LinkedIn

Vladimir Stepanov

ソリューションアーキテクト

LinkedIn

Aram Asryan

顧問弁護士

LinkedIn

Lesley Czuma

販売開発ディレクター

LinkedIn

2017

年に設立

10+

の顧客やパートナー

10+

の特許

80+

全従業員

50+

のエンジニアとのR&D

5

カ国

XNS市場データ

Insolarウォレット

Insolarウォレットを作成する。 使いやすく、無料です。

ウォレットを手に入れる

企業のためにInsolarが果たす役割については以下からご覧ください

insolar.ioへ向かう
メニューを閉じるinsolar.ioへ向かう